ゼロエネルギーハウス(ZEH)

ゼロエネルギーハウス
(ZEH・ゼッチ)

ゼロエネルギーハウス(ZEH・ゼッチ)

ゼロエネルギーハウス(ZEH)

ゼロエネルギーハウス(ZEH・ゼッチ)とは

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ(Zero)・エネルギー(Energy)・ハウス(House) の略語です。

創エネ・省エネ・断熱の3つがゼロエネルギー住宅(ZEH住宅)の条件です。

外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入で、室内環境の質を維持、大幅な省エネルギーを実現し、再生可能エネルギーを導入するこで、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅です。

「住まいが創るエネルギー」-「住まいで使うエネルギー」 ≠ 0(ゼロ)

ゼロエネルギーハウス(ZEH・ゼッチ)に使用する住宅性能や高効率設備機器

img

耐震補強の木

大規模の地震での倒壊・崩壊の危機を守ってくれる。
建物の内外部の壁・柱・梁の耐力や剛性、ねばり強さを向上させ、建物の耐震性能を高める方法を耐震補強という。

img

断熱材

熱移動を減少させる資材。​
室内空間の温度を一定に保つ為、外からの温度の影響を減らすために使用。​


img

断熱窓

ガラス面に特殊な全属膜をコーティングし、高性能ガスを封入する。​その為、熱の伝わりを抑制させ、ガラスの断熱性を向上させる。​
夏は涼しく、冬は暖かい一年中快適な日々を過ごせる。​

img

エコキュート

空気の熱でお湯を沸かす事の出来る電気給湯器。
震災などの断水時に、タンク内の水を非常用水として使用可能。

画像

太陽光発電

太陽の光を太陽くパネルに集め、電気を作る。
毎月の光熱費を節約でき、発電時にCO2を減らし環境にやさしい。
詳しくはこちら

img

蓄電池

太陽光発電で発電した電気を貯めておくことができる。
曇りの日、夜間や停電時に使用する際、必要な設備。
詳しくはこちら

画像

V2H

V2Hとは、Vehicle to Homeが名前の由来である。
電気自動車を家庭用蓄電池に変える事ができ、
停電が発生した際、非常電源として使用可能。
電気自動車(EV)やプラグインハイブリット自動車(PHV)を一般出来な家庭用コンセントで充電する場合とV2Hで充電する場合では約半分の時間で充電できる。
V2H機器自体に蓄電池機能はなく、V2HとEV/PHVを併用する事で、移動手段であったEV/PHVが蓄電池の役割を果たしてくれる。

ゼロエネルギーハウス(ZEH・ゼッチ)のメリット

メリット1 家計にやさしい

画像

高い住宅性能と高効率設備により、自宅で使用する電力を最小限に抑えることができる。
自家発電した電力量が家庭の消費電力量を上回った場合、電力会社に余った分を買い取ってもらう「売電」が可能。
メリット2 快適な生活

画像

熱を外に逃がしにくく、家の中の温度を一定に保ちます。室内が快適な状態にたもたれる為、断熱性がしっかりしていて、室温の急激な変化がなくなる。
冬の起床時、室温の低下が従来の住宅の半分程度。
冬でも室内での体感温度は温かい。
メリット3 環境にやさしい

画像

ゼロエネルギーハウス(ZEH・ゼッチ)は、エネルギー消費が少なく、太陽光などの再生可能エネルギーをし、温室効果ガスの削減効果が高く、環境に与える負担を小さくする。近年の異常気象の原因となっている温室効果ガス排出量を削減し環境保護に貢献できる。
メリット4 健康に良い

画像

ゼロエネルギーハウス(ZEH・ゼッチ)の導入により、断熱性能も高くなった住宅では、居室間の温度差が小さくなる。居室間を移動した際の体温調節や血圧変動が少なくなることで、体調改善にもつながる。
メリット5 災害時に安心

画像

大規模な災害で停電した場合でも、自宅の設備さえ無事であれば電気が使用でき、断水時もタンク内の水を使用する事ができる。突然の災害でも安心して過ごせる。
メリット6 補助金制度

画像

ゼロエネルギーハウス(ZEH・ゼッチ)の補助金制度は、国土交通省・環境省・経済産業省が連携している。国が定めた3つの基準「創エネ×省エネ×断熱」を満たす住宅を建てる場合補助金が申請できる。設備などで多額の費用がかかるが、補助金で一部を負担してくれるのはとても大きなメリットである。

ゼロエネルギーハウス(ZEH・ゼッチ)のデメリット

デメリット1 初期費用がかかる

画像

ゼロエネルギーハウス(ZEH・ゼッチ)には、従来の家よりも性能を高めるための設備が必要となる。これらの設備を導入するためには、初期導入コストが従来よりも多くかかる。
デメリット2 天候に左右される

画像

ゼロエネルギーハウス(ZEH・ゼッチ)には、太陽光発電が不可欠ですが、太陽光は太陽の光を利用して発電する為、天候の悪い日は発電量が減る。
デメリット3 設備のメンテナンス

画像

各設備のメンテナンスは必要となる。
これは、発電効率を維持する為に、定期点検・整備を欠かせない。
デメリット4 建物の制限

画像

設備の設置関係で、建物のデザインが制限される可能性がある。
太陽光パネルを設置する為には、南向きの屋根に取り付ける事からデザインが制限されてしまう。他の設備を置ける場所の確保も必要になる。
pagetop
copyright(c)東海ハウス株式会社. All rights reserved.